FC2ブログ

パワーリハビリ・デイサービス「サバティ」神奈川秦野中井店のブログ

2021年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2021年06月
TOP未分類 ≫ 素人蕎麦打ち段位!!

素人蕎麦打ち段位!!

ドライバーの豊田です(^-^)/

三たび、蕎麦ネタです。

蕎麦打ちに段位があるのをご存知の方はいないと思いますが、実はあるんです。

一般社団法人「全麺協」という全国組織があり、「素人蕎麦打ち段位認定」を実施しています。

初段から五段まで、それぞれ実地試験があります。ちなみに私は二段を持っています。

プロになるには何段が必要か?よく聞かれる質問です。が、プロに段位は関係ありません。
衛生管理とか、火元管理とか、そちらの資格さえあればプロになれます。

段位試験では、初段は700g(蕎麦粉500g+小麦粉200g)を、二段は1Kg(蕎麦粉800g+小麦粉200g)を打ちます。

これを40分で練って(ハチ)、延ばして(ノシ)、切って(ホウチョウ)、おまけにすぐ次の蕎麦打ちに入れる状態までの片付けを行います。
そして、衛生・準備(10点満点)、水回し(20点)、こね(15点)、のし(20点)、切り(15点)、後片付け(10点)、総合評価(10点)の合計100点満点で評価されます。70点以上で合格です。
だいたい二段までは皆んな受かります。それだけ練習してから受けるからです。
練習にも試験を受けるのも、合格して段位認定を受けるにもお金がかかっています。
(それにしても、爪も短く切って、コロナウイルス対策以上に一生懸命、石鹸で手を洗っても満点がもらえなかった「衛生・準備」って何なんだ。・・・単なる愚痴です。)

初段の700gを打つには、ノシの段階で、のし棒1本と巻き棒1本を使います。二段の1kgを打つには巻き棒がもう1本必要です。ここが違います。というのは、700g以上だと手が届かない長さまで延ばすことになりますので、半分ずつ巻きながら手の届くところでノシ作業を行うため、巻き直しをする時に2本必要なんです。

三段より上は、打つ量も増えますし、品質も問われますが、打ち方は二段と同じです。
ですから私は三段以上には挑戦しないつもりです。
1kgで10〜12人前になりますから、それ以上一度に大量に打つ必要もありません。
もっとも練習も大変だし、合格も難しいので(笑)。
初段・二段を受ける時にも毎週練習して、食べきれないので近所に配りまくりました。配る先を探すのも大変です。
サバティ秦野中井店で配ればいいじゃ無いかって?いやいや蕎麦粉は高いので、、、そんなには、、、。

コロナで自粛中!挑戦されてはいかがでしょうか?

つづきはいずれまた。
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL